SSブログ

ご注意下さい。 [湘南の家づくり]

DSCN0853.JPG お客様から入手した写真です。

写真は2枚。上は屋根に上って踏み割った瓦、下はヤスリをかけて磨り減らした瓦です。
上って確認したところ、どちらも傷口は極めて新しいものでした。
白く薄くなったいるのが分かりますか?


逗子・葉山の皆さんへ警鐘です。

最近、瓦屋根のお宅に葺き替えを勧めたり、白蟻は存在してないのに、あたかも「居た」風を装う
悪徳業者がいます。

日本瓦屋根のお宅だけではありません。
カラーベストの屋根についても、「アスベスト」が出ている!とあらぬことを言って危険を煽り、
カバー工法で法外なお金を持っていく業者が現れています。

屋根はその重さで支える下が決まります。
いくら軽いものだから・・・と言ったところで、家一軒分となると相当な重さです。
重量のバランスを考えたとき、上の方を重くして良いわけはありません。
上に重しを乗せるときには、先ず壁などの補強が必要なのです。
しかし、そんな業者は、下の補強なんて眼中にありません。

カラーベストには確かにアスベストが混入されているものがありますが、屋根の上に乗っている間は
安定しており、アスベストが飛散するという恐れは全くありません。

比較的古い屋根瓦は「焼成温度」「瓦土」等によって屋根瓦の「溶け」が起こることがあります。
素焼きの「いぶし」と呼ばれる瓦に多いのですが、稀に上薬がかかっている釉薬瓦にも発生します。

この溶けの原因は「塩害」です。

本当に「溶け」による「隙き」や「割れ」こが生じているのなら、屋根瓦は葺き替えなければなりませんが、最近素人が知らない、瓦の「溶け」を利用した詐欺紛いの業者が出てきました。

海が近い逗子・葉山の皆さんは特に注意が必要です。

「お宅の屋根瓦がズレている、無料点検してあげる」と言って、屋根に上ります。
そして、割れてない瓦を踏み割ったり、瓦にヤスリをかけて写真を撮り、
「こんなになってる!」と屋根の葺き替えを薦めるのです。

費用は大体200万円~300万円以上。
お金がありそうなお宅には、もっともっと吹っかけます。

特にこの時期・・・台風が通り過ぎた後にはこんな業者が花盛りです。


最近、もう一つ注意すべき業者がいます。

「横須賀葉山農協の指定業者です」と名乗って訪れる「白蟻駆除」の業者。

これもまた、無料点検と称して床下に潜り込みます。

居もしない白蟻の写真をみせて、「白蟻が居ました!」
「このままでは、地震で家が倒壊します」などと脅かします。


それだけならまだしも、「床下の換気が良くない」と「床下換気扇」を薦めて取り付けます。

やらなくてもいいのに、物凄いお金を払ってしまったお宅の何と多いことか?



「飛び込み」で営業に来た業者は、絶対に相手にしないに限ります。
どうしても心配でしたら、「地元の工務店」などに相談されたらいいでしょう!

地元の工務店は、悪い評判が立つのを最も恐れます。
だから、決して変なことはしませんし、法外な金額を要求することもありません。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 2

かなりあ猫

太陽光発電のパネルも、当初は計算されていなかった重さですよね。
家に関することについては、長く続いている地元の工務店さんに相談するのが、一番だと思います。
by かなりあ猫 (2011-10-12 23:10) 

アキラ

お久しぶりです。
お元気で、なによりです。
又そろそろ書いていますので、時々覗いて見てください。
by アキラ (2011-10-13 13:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます