SSブログ

大地震は近い? [湘南の家づくり]

この写真、プルプルの寒天です

昨夜はチョット大きな地震で、少しビックリでした。

結構長かったよね。

首都圏に大地震が来ると言われて久しいが、特に最近は週刊誌などで大きく取り上げられているみたい。

私が住む関東地方に影響がある地震の中にも、あまり知られていない地震があるので書いてみました。

東海地震:この地震は駿河湾を震源とする巨大地震で、南海地震との連携も

    懸念されています。震源は遠くても、関東地方の西部では震度5強

       も予想されている地震です。

南関東地震:相模湾を震源とする巨大地震で、かつて、関東大震災を起こし 

        た地震です。70年周期と言われていますが、既に80年以上経過

        しており、今日起きても不思議ではありません。

県西部地震:小田原市付近を震源とする地震ですが、規模は比較的小さいよ

        うです。しかし、切迫性があります。

県東部地震:横浜市南部、金沢区付近を震源とする、直下型地震です。

        金沢区内には埋め立て地域も多く、地震の際には泥流化現象に

        も注意が必要です。

        泥流化が起きると、杭を打って建てられた、大きなビルでさえも倒

        壊してしまうのです。

 

地震で倒壊するのが怖いから・・・と、木造住宅を建てたがらない人がいます。

TVコマーシャルにも影響されていると思いますが、本当は木造軸組工法で建てられた家は、地震にも強いのです。

阪神淡路大震災では、多くの木造住宅が倒壊してしまったではないかって?

倒壊したのは、大部分が古い木造住宅だったのをご存知ではないでしょ?

実際に、多くの家屋が倒壊した中にあって、しっかりと建っていた木造住宅があったことは、あまり報道もされていませんよね。

木造住宅が地震で倒壊するか、しないかは、たった1日で分かれ目があることを知ってますか?

 

当時、東海地震が来るのではないか?と言われ始め、【昭和56年6月1日】この日に建築基準法の大改正が行われ、前日までに建築確認済書が出た住宅の約3倍もの強度を持たされるようになったのです。

建築基準法をしっかり守って建てられた、現在の木造住宅は決して弱くはないのですよ

ただ、昭和56年6月1日以前に確認済書を得て建てられた住宅は、早めに耐震診断や補強工事、建て替えを検討されると良いですよ。

無料耐震診断を売り文句にしている業者は避けた方が無難!!!

耐震工事をやらんがための無料診断で、不必要な工事で高いお金がかかるかも知れません。

一番いいのは、あなたが住む県や市に相談して、建築士事務所協会を紹介してもらってください。

そこには必ず、耐震診断ができる資格を持った建築士がいますので、紹介してもらえます。

市によっては、半額を負担してくれたり、市が全面的に負担してくれるところもありますので、相談してみてください。

昨夜の地震が大きかったので、チョットまじめな話になりました。

 

       


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住まい・インテリア・雑貨(旧テーマ)

nice! 2

コメント 2

アキラ

くれよさん、ナイス有難うございます。今後も頑張って書いていきます。
また、お寄りください。
by アキラ (2006-02-02 11:02) 

たいせい

 E-ディフェンスまで耐震実大試験に言ってきました。
 簡単な速報記事を書きましたのでTBを送らさせていただきます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
(最近の記事はTBなしのようですので古い記事になってしまいました)
by たいせい (2007-03-08 14:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます